新着情報

最新のニュースをお伝えいたします。是非チェックしてくださいね!

バリ島ボディヒーリングツアー2007のツアーのようす

  • 2008 年 7 月 22 日 火曜日
  • main

    毎年、ご参加の皆さんのガイド(皆さんの気持ちを解放する手助けや、湧き上がってくるものの解説をしたり、リードすると同時にサポートを行う役目)を務めさせていただいてる松下由起子が、改めて皆さんへメッセージをお伝えいたします。

     

    【バリ研修は何のため?〜message from YUKIKO MATSUSHITA〜】

    pic01今の社会状況の中で、高額の研修費と日数をかけていただいていることは、本当に自分の目的を把握していないと、参加出来ないものだと思っています。
    仕事も恋愛も結婚も…、各自の想いや問題点の違いは多々ありますが、私は人間関係のコミュニケーション能力がかなりカギを握っていると確信しています。
    コミュニケーション能力は、頭で理解していても出来る事ではなく、いろんな人と交わり、共有する時間の中で相手との違いを通して解ってほしい自分を出せたり、相手を理解したりすることで学べます。
    CPIの海外研修は、日常から離れ(仕事・親・恋人etc…)日本(育った環境や文化)と異なる文化を感じながら自分を見つめていきます。
    バリ島ウブドゥは、陽・陰というより、神秘的なエネルギーの地場の中で自分と向き合うのにとても良い条件を満たしてくれています。毎年、今までの研修にプラスした内容で企画していますが、今年バリ島ボディヒーリングツアー9回目はさらに、“今まで習得してきたことをきちんと自分の中に取り入れていく”というようにレベルを高め、研修内容も慣れ親しんできたホテルも変えたりと、かなり変革した企画となりました。

    参加者の方々には申し訳ないのですが、私たち(松下、スタッフ)が一番学ばせていただいており、影響を受けています。だから前進しています。

    松下由起子

     

    【参加者コメント】
    〜nao〜
    今回のバリ研修では、人と接する事を学びました。自分でもうわべだなぁと思う事はありましたが、バリに来て、その理由がはっきりしたなと思います。
    私は人から拒絶されることが怖くて、だから先に自分から拒絶してしまっていたんだと思います。
    研修の前半は上手く流れてないし、感じる事ができなかったのですが、後半はへたくそでも自分の思いを伝えるように、とくに自分の弱みを見せるようにしました。そうすると、周囲も私に対する態度が変わってきて少しずついろんな話ができてきて、バリの空気も感じる事ができました。
    今回のバリでは反省点も多かったですが、また1年の原動力にできそうです。
    “これでは終われないな”と思いました。けれど、後悔ではなく、私にとっては新しいスタートという感じです。
    次のバリに向けて頑張りたいと思います。
    自分が認められなかった事を受け入れて、次のstepへ進めるきっかけになったと思います。先生が「歳を重ねる毎に深くなる」とおっしゃってたのが少しわかった気がしました。

    〜SHINO〜
    行って良かったです。
    「行った方が良いよ」とYUKIKO先生が言って下さった意味がわかる気がします。
    私の感情の中では、何度も高ぶったり、落ち込んだりしましたが、最終日に感じた心の中にスッキリした気持ちを感じれたのはビックリしたし、嬉しかった。
    全て丸くおさめる事が出来るなら自分が我慢すれば良いと思ってた。気を遣うあまり、周りばかりみて、肝心な事を知ろうとしていなかった。そして何より怖くて怖くて自分から他人に入る事も、入られる事も嫌がり、壁を作っていた。まずは止まってみる。自分を知る。そこからはじめてそんな自分を外に出していきたい。
    ガーデンパーティで撮った自分の顔が一番好きです。顔が硬くないから…。自然に笑ってるから。
    YUKIKO先生、ありがとうございます。

 
fBA
 

page up