凛・YUKIKOのつぶやき

普段みなさんにお見せしている「松下由起子」とは違った顔でメッセージをつづります。

2016年凛のテーマ

Message from 凛 YUKIKO

  • 2016年12月31日(土)もうひとがんばり

  • 画像
  • 2016年、年始めで 自分が書いたおみくじの中で
    わたしは“もうひとがんばり”を引きました。


    なかなか手強い文字となりました。

    やっと出来たぁ・・・ではなく、
    もう ひとがんばり なのですから。。。(笑)


    そのおかげで ひとがんばりして気づいたことが多々ありました。


    2016年 自分に もうひとがんばり 出来たことに感謝です。

  • 凛・YUKIKOへのお便り
  • 2016年12月25日(日)学びの中で

  • 画像
  • 学ぶのはとてもとてもむずかしいです。



    自分が学ぶつもりでも教えてくれる!!
    と思っている人は学びにくいと思います。



    自分からどんなことでも学んでいこうという姿勢が出てくると

    学び(気付き)が楽しくなってきます。



    そしてその学び方が他の人とはどう違うのかを

    知りたくなってきます。



    他の人と同じように感じることもあれば 違う点も解ります。





    自分は何故学ぶのか



    何の為に学び、そして どう使用していきたいのか?



    まだまだ深いですね。





    今の私は CPIに来所される皆さんとの会話や

    幸呼での茶の向き合い方で

    いろいろ学ばさせて頂いております。





    感謝 凛
  • 凛・YUKIKOへのお便り
  • 2016年11月9日(水)ありがとうが言えない

  • 画像
  • タイミングを逃してしまうことがあります。


    タイミングを逃したから言わない、伝えない


    このことは“ありがとう”という必要性を無視していませんか?


    タイミングを逃しても ありがとう は

    伝えないと相手に伝わらないのです。


    むしろ縁を薄くしてしまうことにも気づいて欲しいと思います。


    当たり前ということはありません。


    ~してあげているのだから・・・・


    お返しされるのは当たり前と思っている人が多いです。


    だからありがとうを言わない、言えないのでしょうか?


    ありがとうの意味に


    ~してあげているのだから・・・・は必要ないです。


    してくれたことに“ありがとう”でいいのではないでしょうか?


    読まれた方のご意見聴きたいです。

    感じることがあれば返信下さい。
  • 凛・YUKIKOへのお便り
  • 2016年10月28日(金)人の道

  • 画像
  • 忘れてはならぬものは恩義

    捨ててはならぬものは義理

    人にあたえるものは人情

    繰返してならぬものは過失

    通してならぬものは我意

    笑ってならぬものは人の失敗

    聞いてならぬものは人の秘密

    お金で買えぬものは信用

    近藤勇より


    大切な言葉の意味かみしめます
  • 凛・YUKIKOへのお便り
  • 2016年9月30日(金)サクセス

  • 画像
  • 喫茶去

    茶を通して茶縁を大切にしてゆく場や時間を大切にしてゆきたい

    人生の中にカウンセリング的に関わってゆきたいと
    一歩一歩 歩んでいます。


    昨年Baliの地で花茶を
    今年Baliの地で台湾茶を
    来年Baliの地でお抹茶を という話がありました。

    私のサクセス
    ゆっくりですが毎年海外で茶縁に繋がるお話を呼び込んでいます。

    そしてお話がきたら丁寧に感謝の気持ちでお受けしています。
  • 凛・YUKIKOへのお便り
  • 2016年9月16日(金)イメージ・・・

  • 画像
  • まず、イメージすることから始めましょう。

    自分がプラス思考なのか、マイナス思考なのかが解ります。

    現実的にイメージが出来ているのか?
    非現実的にイメージしてしまうのか?

    サクセスイメージのセミナーの中で5年後、10年後のイメージを
    してもらいましたが、考えるのは難しいようでした。


    まず現実感のあるイメージをすることです。
    そしてそのイメージを受け入れることです。

    マイナスからプラスに変われるか。
    プラスから よりいっそうプラスを引き寄せられるか を考えて
    日々の生活にしてゆくと
    自然にサクセスの王道の道を歩み出していると思います。

    バリ研修出発前々日のサクセスイメージセミナーにて感じたコメントでした。
  • 凛・YUKIKOへのお便り
  • 2016年8月28日(土)タイミング

  • 画像
  • 今回感じることが多々あって
    旬セミナー 特別バージョン
    タイミングを逃さない為のセミナーをしました。


    本来はセミナーが良いと思うのですが
    今回は個人セッションの時間も取り入れました。


    本当におもしろい事を発見
    (表現はあまりよろしくありませんね)
    タイミングが合っていない人がスルーしています。


    合っていないけど、合わせないと。と感じている人は
    受講したら良いかを聞いてきてくれました。


    沢山の方はタイミングの必要性を感じ
    理解は出来るがどこかそのままにしているため、
    タイミングをキャッチ出来ない、呼び込めないことの意味について
    セッションがで出来ました。

    私は三拍子そろった時、GO発進、
    いつでもスタート出来るように日々アンテナを張っています。
    (呼吸も大切な役割を果たします)


    感も信じなければなりませんが、
    感を発する自分自身が先ず クリアにしておかなければ
    ブレてしまします。


    このタイミングを大切に扱っているお陰で前進出来ております。
  • 凛・YUKIKOへのお便り
  • 2016年8月17日(水)危機感を持っていないこと!

  • 画像
  • 日本という国に生まれ  育ってくると
    中々危機感を持てないものかもしれません。

    それはとても幸せなことです。

    けれど  私達の周りで起こっている出来事を深く考えてみると
    危機管理について学んで欲しいと願います。

    決して  恐怖感を煽っているのではないのですが‥

    いろいろ個人の考えの中で出くわすのが
    [自分は大丈夫]という  根拠のない自信です。

    少し掘り下げた話になると  話が通じなくなってしまうことがあります。

    危機管理を考える根底に自分の人生をどう生きていきたいか。を
    考えて欲しいと感じる毎日です。
  • 凛・YUKIKOへのお便り
  • 2016年7月28日(木)落とし穴

  • 画像
  • 女性なら美しくなりたいと願うのは
    とても良いことだと応援します。

    外面と内面のバランス
    調和を理解して美しくなってもらいたいと願います。



    ある女性のお話です。

    独身時代 一人暮らしが長かった為
    なかなか自分磨きまでは経済的には難しかったようです。

    でもその中で内面の磨きを頑張ってくれていました。

    甲斐あってパートナーとの出逢いからゴールインへ

    経済的にも余裕が出来始め、
    外面磨きにも力を注ぎ始めました。

    ふと気づくと
    自分だけの外面磨きで
    (内面磨きとのバランスの悪さから)
    パートナーに思いやりがなく、欲求ばかりを言い始めていたことに気がついたようです。

    彼女はこれではいけないと対応しようと思うのですが
    行動には出来なかったようです。


    数年月日の結果
    家族崩壊となったようです。



    先日お会いしたのですが・・・・・

    人を信頼できない方向へ進んでいるように感じました。


    私は行動科学のお話をもう一度話して別れました。


    彼女には次の落とし穴が待っていることに
    早く気づいて欲しいと願っています。



    彼女の底力のエネルギーを知っているので
    素直さが必要と気づいた時は
    お役に立てるように感じています。
  • 凛・YUKIKOへのお便り
  • 2016年7月20日(水)10年経った微笑み

  • 画像
  • 私の大切な本がみあたりませんでした。
    誰かに貸して返却されていない本は多々あります。

    その中でも手に入らない本でしたので
    時折何処に行ったのかと考えてしまうことがありました。


    10年を経て
    Tさんが神妙な面持ちで本を返却に来られました。

    何度も返そうと思っていたのに・・・・
    という事です。

    私にはその気持ちよくわかります。

    年月を経てしまうと大切なものということが
    解れば解るほど
    どうしてよいかわからなくなってしまうのです。。。。


    では、今、何故返却出来たのか?

    10年を経た今だからなんですよね。

    素直に申し訳なかったでした。と伝える勇気と精神面が出来たのですよね。

    なんだか嬉しいです。

    そして対面した本が私の手元に戻ってきたことは
    これからの私にもう一度必要となる内容の本だと感じております。


    PS 包んで本を返してもらいました。
    ここにも細やかな気持ちがありました。
  • 凛・YUKIKOへのお便り
  • 2016年6月30日(木)人と一緒に過ごす時間

  • 画像
  • 緊張してしまう人

    何を話したらいいのかわからない人

    尋ねられたことを一生懸命話そうとして会話がずれてしまう人

    自分の言いたいことを言ってしまってから“ハッ”とする人

    NOが言えない人


    いろいろ問題点はありますが・・・
    その前に一緒に過ごす時間を大切に 思いやりを込めて
    自分の意見をはっきり相手に伝え
    相手の話もちゃんと聴くようになれば
    少しぐらい伝わらなくても
    人と一緒に過ごす時間の持つ意味が育てられるのです。


    難しいですが
    人と一緒に過ごすといろんな体験話が聴けたり
    目の前で感じたことの違いもわかったり
    何よりも笑い声を聴けたり、笑顔で話をすることが“ほっ”とします。

    素の笑顔が素敵な人になりたいですね。
  • 凛・YUKIKOへのお便り
  • 2016年5月31日(火)邪魔くさい

  • 画像
  • 先日来所された方の主訴をまとめた結果
    すべてにおいて 邪魔くさい ということに。

    しかしご本人は、
    しんどいのは嫌 自分を変えたい
    と言われる


    いくつかの提案を

    その中でカウンセリングを受けられることになりました。

    ご本人の納得の上です。


    しかし予約当日にドタキャン
    連絡はなしでした。


    連絡するのも 邪・魔・く・さ・い のかしら??



    と上記の文で記してみましたが、、、

    私の出来ることは 待つ ということです。

    自分を変えたいと思う理由があって
    変わろうとしているのですから
    スタート地点、たどり着くのも時間がかかると感じます。


    わたしの“待つ”
    邪魔くさくないです。


    とても大切なことです。
  • 凛・YUKIKOへのお便り
  • 2016年5月17日(火)自分のくせ

  • 画像
  • 自分のくせを知っていますか?
    どうして くせ になってしまったのかを知ろうと思いませんか?

    くせって直せるものなのでしょうか?


    自分の事ばかり考えていると
    直せないかもしれませんね。

    相手のことを考えた時
    そのくせで上手くいかないと感じたら
    少しづつ変えていけるのかもしれません。

    自分のくせを一度書き出して下さい。
  • 凛・YUKIKOへのお便り
  • 2016年3月30日(水)茶学びの愉しさ

  • 画像
  • 茶を通して感じたこと

    香 癒しの茶の香り

    味 焙煎の味わい

    触 茶器の感触

    聴 和みの会話

    観 茶器の色彩


    先日 よろずや幸呼四周年茶席にて
    茶縁を感じ
    茶学びの愉しさを実感しました。
  • 凛・YUKIKOへのお便り
  • 2016年3月15日(火)3月中にすること!!

  • 画像
  • サクセスイメージに意識がない人が多いですね。

    今が精一杯だからですね。

    いっぱいいっぱいと思っていても
    何もしなければずーっと同じですね。


    何もしないで
    “何も出来ない”とくよくよしていませんか?


    いつの間にか出来なかった事を相手のせいにして
    逃げ出していませんか?


    意固地部分が邪魔をしてサクセス出来なくなっているのかもしれませんね。


    4月新しい出発点の前に

    3月中に
    ・気持ちを整理する。
    ・出来なかったことに挑戦するかどうかを決める。
    ・2015年に学んだ経験を活かせる準備をする。

    自分を大切にする未来をイメージして下さい。
  • 凛・YUKIKOへのお便り
  • 2016年2月18日(木)何事もすんなり運ばれない人

  • 画像
  • =良い悪いの話をしているのではありません=


    最終はOKの話なのに
    それまでをひとつひとつNO、NOと言い続ける癖を持っている人がいます。

    最初の言葉を発した時
    その人の感じたことがよく出ます。

    それに合わせてお話を進めると 必ずNOの返事が返ってきます。


    いつも感じるのですが
    その選択が素直な気持ちかどうかです。

    カウンセリングの中で 気づきを下さい とメッセージしてくれる人に
    気づきの話をしているのです。

    こちらは気づくお手伝いをしてゆきたいので
    急ぎませんが
    貴女はどんどん自分の気持ちにシャッターを降ろし始めるのです。

    仕方なく、強い口調で向き合う話をする時があります。


    結果は・・・

    最初に感じて発した事を行動したいことがよくわかります。



    いつも誰かを敵とみなしたい人

    自分の対応で相手から厳しい言葉を言われることで向きを変えたい人

    褒められたいと言いながら 実は厳しい言葉を言って欲しい人


    話の途中から抵抗してゆきます。

    例えば
    褒められたい(受け入れられたい・認められたい)のこの願望を持っている人に
    素直に褒め言葉を伝えても
    返ってくるのは「そんなことはない」と否定で返ってきます。

    “あぁそうなんだ”とすんなりこちらが褒め言葉を引っ込めると
    「ほら、やっぱりね。思っていなかったんでしょ!!」
    というメッセージが返ってきたりします。

    後日、貴女の願望とは?という話になると
    褒められたい(受け入れられたい・認められたい)という話になるのです。



    人それぞれの気持ち、行動がありますが・・・

    何事もすんなり(素直に)運べるようにしていく為にサポートしてゆきますね。


    なかなか手強い人も沢山いて ちょっと疲れ気味の凛でした。
  • 凛・YUKIKOへのお便り
  • 2016年2月11日(木)開き直っている貴女へ =その1=

  • 画像
  • 「自己責任を取るのだから!」
    「人に迷惑かけているわけではないのだから・・!」と
    開き直っていませんか?


    養生学を学んでいる私には
    開き直る前に、
    そんなに自分に言い訳しないように出来れば良いなぁと
    いつも感じています。


    自分が 素直にしてみたい・やってみたい と
    望んだことを“学ぶ”という視点から始まるとよいのに
    頑なな、負けん気の強い、等々
    甘えの気持ちが日々の自分の成長の邪魔をしています。

    そうなると「まぁいいや、もぅいいや」という気持ちが大半を占めてしまう。

    その場はそれでも良いと思いますが、
    すぐにその後始末を言い訳で処理してしまおうとしてしまう人が多いです。

    結論、やりたいこと・したいことが素直に出来なくてイライラする。


    自分がやりたいこと・したいことを感じた時に
    行動して体験することが
    養生学の一部となり
    人間関係も自分の精神も穏やかになれば良いですね。
  • 凛・YUKIKOへのお便り
  • 2016年1月29日(金)誕生日を目の前にして思こと

  • 画像
  • 年柔らかくなりたいです。

    考え方も、接し方も、柔らかく

    優しくなりたいです。

    微笑みが優しくなれば嬉しいなぁーーーー


    いろいろ人生 学びの途中です。


    2016年1月30日 62歳を迎え、

    心身一如 柔らかくなります。
  • 凛・YUKIKOへのお便り
  • 2016年1月13日(水)自分の気持ちを伝えていますか?

  • 画像
  • 年始のあいさつをしても・・・

    年賀状を送っても・・・

    お年玉をお渡ししても・・・


    どう返答していいのかわからないのかなぁ?


    「あっ、はい。どうも。。。。」で終わってしまう



    ちょっともったいないですよね。

    もし自分の立場が反対だったらどうでしょう?

    きっと、ちゃんと気持ちを受け取って欲しいですよね。


    そしてその気持ちを伝えてくれたら
    キャッチボールが出来た気持ちになれます。


    なかなか私たちは
    自分の気持ちをストレートに出すということが苦手なんですよね。


    “ありがとう”の気持ちが本当にあるのなら伝えて欲しいと思います。


    自分の心を丁寧に扱ってみませんか?
  • 凛・YUKIKOへのお便り
  • 2016年1月1日(金)申年の決意

  • 画像
  • 申年の申は本来「しん」と読み、「のびる」や「もうす」という意味があります。申は「雷」の原字であり「稲妻」を表した象形文字で、神の技という意味もあります。

    干支の申は猿とは関係のないものでしたが、申には動物の猿が割り当てられることとなりました。申には病や厄が「去る」と云われもあり縁起の良いものとして神社なので祭られるなどしています。

    又、サルとイヌは仲が悪いから鳥が間に入ったという話も言い伝えられていたりと面白い逸話もあります。

    そして、元々ははチベット仏教から来た話のようですが、各地で様々な謂れのある「申年に赤い下着を贈ると病が治る」や「申年に贈られた下着を身に着けると元気になる」などの言い伝えが日本各地に伝わっているのだそう。

    =申年の由来より=

    先ずは申年の人に赤い下着を贈ります。
  • 凛・YUKIKOへのお便り
  • 2015年12月30日(水)貴女に感謝

  • 画像
  • とにかくいっぱいいっぱい話を聴きました。

    そして一緒に驚き、一緒に腹をたてました。


    が、話をしていく中でしっかりと

    自分に向き合っていこうという意思を貴女に感じた手応えある1年でした。


    何よりも来て頂き、

    貴重な時間を過ごせたこと 今の私の成長時間でした。
  • 凛・YUKIKOへのお便り

page up