スタッフコラム

CPIスタッフによるダイアリーです

バリ島ボディヒーリングツアーレポート3

  • 2011 年 10 月 16 日 日曜日
  • CPI バリ島ボディヒーリングツアー今年の初イベント第2弾!

     

    「Museum Puri Lukisan」を貸し切っての美術館鑑賞&ディナーパーティ。
    毎年お世話になっているホテル、THE Royal Pita Maha に提案をいただいて
    初の試み(スタッフの方曰く、貸切なんて未だかつてしたことがない!
    とのコメントでした)でした。

    dscf8808

    ↑↑ 新しくなったばかりの美術館入り口の門デス。
    階段にはお花のデコレーションとお出迎えが…。

     

    「プリ・ルキサン美術館」
    1936年にウブドの王様 チョコルダ・グデ・アグン・スカワティ氏と
    当時バリ島で活動していた芸術家ルドルフ・ボネ氏を筆頭に
    ピタマハ芸術家共同体が創設され、
    バリ近代伝統美術の保存と発展を目的とした美術館です。

     dscf8757

     

    バリ島ウブドで最も歴史ある美術館の敷地内での
    ディナーパーティにも感激でしたが
    そのディナーをロイヤルピタマハが担当してくださる
    (全てのお料理をホテルから美術館まで運んで、調理しサーブしてもらいます)
    というのですから、私はとても恐縮してしまいました(汗)

    でも、ホテルの方々の
    「皆さんに楽しんでもらい、喜んでもらいたい!」という想いを
    伺って、私たちと同じ気持ちで(いえ、それ以上かもしれません!)
    ぜひお願いしますっ!!とお願いした経緯がありました。

    dscf8809

    ↑↑コーティネイトしてくださったロイヤルピタマハのデワさんと
    添乗の高山さん。お二人には本当にお世話になりますっ!

     

    dscf8812

     

    門をくぐると、美術館の建物まで案内してもらいましたぁ!

    dscf8817

     

    館内に入ると館長直々にお出迎えいただき
    歴史や絵の概要を説明を。

    dscf8823

     

    そして、特別に館内や絵の写真撮影を許可してくださいました!

    dscf8755

     

    dscf8831

     

    dscf8858

    dscf8834

     

    まだまだゆっくり鑑賞したい…感たっぷりでしたが
    そろそろディナーの時間。

     

    ウェルカムダンスでディナーのスタートを告げてくれます。

    dscf8861

     

    ステージを見下ろす感じで、私たちの席からはこんな風に見えてます。

    dscf8862

     

    特別に本来ではない場所にテーブルをセッティングしていただきました。
    なぜならばウェルカムダンスの後に…

    バリメンバーTさんのソプラノ独唱…!!

    dscf9274

    dscf8868

    素敵な歌声が私たちのもとへ上って届いてきました。

     

    rimg0837

    ホッとして、さぁお食事を味わいましょう!

     

     rimg0850

     

    マデシェフのお料理を美味しくいただいていると

    dscf9287

     

    バリ舞踊「レゴンダンス」が始まりました!

    rimg0852

     

    目の動きだけでも様々な表現!

    rimg0856

    いつもながら見とれてしまいます。

    dscf8882

    dscf8883

     

    最後は踊り子の皆さんと、テレマカシ!!

    dscf8887

    素敵なダンスをありがとうございました!

     

    dscf9382

    五感が満足してるような、素敵な二人デス

page up